正しいロ司会者の選び方

司会者を選ぶのはとっても難しいですよね。司会者選びのポイントを思いつくままに挙げて見ました。






 
担当者に推薦してもらう

 
司会者を選ぶ際、お客様が参考にできるのはアルバムの写真と簡単な経歴、そして料金ぐらいの情報しかない。声を武器にする司会者なのだが、ほとんどの場合ためしにその声を聴くことすらできないのだ。ずいぶん可笑しな話だが、これが現実。写真と経歴である程度の人柄と雰囲気はわかる。それで決まらなければ、会場の担当者に推薦してもらおう。担当者には今までの仕事振りを見てきているので、各自お気に入りの司会者を持っている。【男性で年はいくつぐらい・声が良くて、楽しい人】などと具体的に条件を言えば、必ず紹介してくれる。

 
男性か女性か

 
これは究極の選択。女性の方が華やぐような感じもするし、男性の方が宴が重々しく引き締まりそうな気もする。でも現実はその司会者次第。女性でもまるで選挙のウグイス嬢のような人もいるし、男性でも演歌のイントロのくさいナレーションみたいな人もいる。ただ一つ言える事は、女性の方が人当たりが良く披露宴がちょっとだけ明るくなる?男性の場合は、酔っ払いに強く、披露宴の特に前半の堅めの部分に重厚感がでる?はっきりとした事が言えなくてごめんなさい。

 
裏技

 
会場を見学すると披露宴1時間前には殆どの場合司会者が待機している。気軽に話しかけてみよう。声が聴けるし、リクエストすればワンフレーズぐらいマイクを通して聞かせてくれる。会場側との打ち合わせの時も、もしかしたら隣で司会者が新郎新婦と打ち合わせしているかも…そばにいたら聞き耳を立ててみよう。もっと突っ込めるのなら、担当者に今会場にいる司会者に合わせてと頼んでみよう。絶対に嫌とは言わないし、司会者だって仕事がもらえるなら喜んで会ってくれる。ちょっとした努力で写真だけで選ぶより、理想の司会者に巡り会うチャンスが増えるはず。





 
最後の勇気

 
ようやく決めた司会者でも、実際にじっくり話せるのは司会者との打ち合わせの時だけ。当然想像していたイメージとのギャップは多少なりともあるはず。司会者も色々なタイプがいる。司会だけで食べていくのは難しいので、殆どの場合別の仕事も持っている。主婦・会社員・ナレーター・劇団員など様々。司会の仕事にかける情熱もそれぞれ違う。人によってはプロフィール紹介の原稿は作らない人もいるし、もっとひどいのは進行表自体を仕舞い込んでしまい、本番当日まで2度と見ない人もいる。

 新郎新婦の紹介用プロフィールの原稿は確認させてもらおう。自分達の事が紹介されるのだから、確認できて当然。また司会者も確認してもらうべき物だと思う。これを断るようなら、おそらく作らないタイプなのかも…

 どうしても気に入らなかったら、担当者にお願いして司会者を変えてもらおう。
司会者にとっては打ち合わせまで終わってから断られるのはショックだが、披露宴当日はすべて司会者まかせ。新郎新婦は何もできないのだから、勇気を振り絞る最後のチャンス。こんな事言ったら同業者からかなり怒られるかもしれない…内緒にしておいて下さい。

MC's Soliloquy

MC's Soliloquy












相互リンク集 相互リンク集 相互リンク集 相互リンク集 相互リンク集 相互リンク集 ブライダルリング参加サイト