MCの本


 
司会者の待遇

 
プロ司会者は結構高給取りだと思われているようだ。色々なケースがあるが、実際にはお客様が会場に支払った司会料の約半分程度。残りの半分は会場、もう半分はプロダクションに…

 それでも披露宴時間2時間半の時給に換算すればかなりの額。しかし目に見えない時間と経費がかかっている。新郎新婦と事前に打ち合わせが1時間〜1時間半。披露宴当日は開宴1時間前に会場に入るのが原則。披露宴とあわせてトータル5時間かかり、会場までの2回分往復の時間と交通費も…さらに原稿作りの時間もかかる。

 その上当日は大きな責任を負わされ、ちょっとした言い間違い・言い忘れが命取りになりクレームになる事も。その時はただ働きになる事は言うまでもない。

 お客様は高いお金で司会者を買っている。うまくやってくれて当り前。楽しかったらはじめて【どうもありがとうございました】となり、たとえば主賓のお名前でも間違えようものなら、たちまちお金を払う人ともらう人の立場となってしまう。

 考えると暗くなるのでこの辺にしておきます。
                
                  
                 



 
司会者の地位

 会場によって、しかもキャプテンによっての話だが、自分達が司会者を雇っていると勘違いしている人たちがいる。大した事ではないのにあれこれと文句をつけて、全部司会者のせいにする。特に女性の司会者などはこっぴどくやられるようだ。こんな会場では決まって司会者用の椅子が用意されていない。俺たちも立っているんだからお前も立っていろと言った気持ちなのか…歓談中も何もする事がないのにずっとおとなしく立っていなければならない。敬意まで表せと言わないが、せめて同じ仕事をしている仲間として同等に扱ってもらいたいです。

 披露宴でも時々あり、特に企業の創立○○年パーティーや、○○賞受賞祝賀会でよく起こるのが、来賓の偉い先生や社長さんの横柄な態度。スピーチではニコニコ笑っているくせに、終わったとたんに本当のご来賓になる。【次の予定があるから早く終わらせろ】と言われても…司会者はそこまで感知しておりません。
 
 司会者は涼しげな顔をして淡々と宴を進行している様に見えて、こんな敵たちに囲まれたかわいそうな人なんです、ホントは…

                                                      
 

MC's Soliloquy

MC's Soliloquy








相互リンク集 相互リンク集 相互リンク集 相互リンク集 相互リンク集 相互リンク集 ブライダルリング参加サイト